M2柴田の投稿論文が国際会議EANN2017に採択されました